千原柱革 千柱革 顔画像は???どこで転売をしていたのか調べてみた

今回の事件で、千原柱革(ちはら・ちゅうかく)こと千柱革容疑者(45)が逮捕されました。

英語教材の「スピードランニング」の中古を、インターネット上のオークションやフリマサイトで仕入れて、転売していたみたいですね。

なんとそれが、無許可で古物営業をしていたということでした。

そんな、千原柱革こと千柱革容疑者の顔画像はあるのか調べてみました。

また、スピードランニングはどこで転売していたのか気になったので調べてみました。

スポンサーリンク



千原柱革こと千柱革の顔画像は?

千原柱革こと千柱革容疑者は、スピードランニングを仕入れて、無許可で転売をしていたということで逮捕されました。

そんな千原柱革こと千柱革容疑者の顔画像はあるのか調べてみました。

ですが、一般人ということも関係しているのか、現段階では公表されていませんでした。

今回の事件は、注目を集めていますので、今後公表される可能性が高いと思われます。

他ニュースや新聞などで情報を集め、わかり次第こちらにアップしていきたいと思います。

スポンサーリンク



千原柱革こと千柱革がスピードランニングを転売していた先は

千原柱革こと千柱革容疑者は、「許可が必要だとは知らなかった」と話しているみたいです。

ですが、千柱革容疑者はこの期間に約75万円の利益を上げていたとのこと。

 過去にも3千万円程度の利益を上げていた疑いもあるもというから驚きですよね。

そして、気になる転売先ですが、有力な情報を得ることはできませんでした。

仕入れ先が、インターネットのオークションやフリマサイトということなので、販売先もおそらくオークションサイトかフリマサイトでしょう。

それがもしかしたら、国内ではなく、海外へ輸出をしている可能性もありますね。

実際にはどうかわかりませんが、売り上げている金額からして、相当手広くやっていたのかもしれませんね。

このことからわかることは、転売をやっている人はしっかりと、調べてからやったほうが良いということ。

古物商を持っていない人もいるかもしれないですし、その存在すら知らないって人もいるかもしれません。

利益を目的としないで、ネットオークションなどを使うのは問題ないみたいですが、業として使う場合には古物商が必要になるみたいです。

自分がどれにあたるのかしっかりと調べてみるから始めると安心できますね。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする