高橋康一 顔画像は!?放火の罪で刑務所に入れられることはあるのか?

今回の事件で、無職の高橋康一容疑者(54)が逮捕されました。

事件があったのは、新宿区歌舞伎町のアパホテルの客室ということで、宿泊客が一時避難することになったようですね。

そしてこの事件の動機として、「刑務所に入りたかった」と供述しているようです。

そんな、高橋康一容疑者の顔画像はあるのか調べてみました。

また、放火の罪で刑務所に入ることがあるのか気になったので調べてみます。

スポンサーリンク



高橋康一の顔画像は?

今回の事件は、新宿区歌舞伎町のアパホテルということで人もかなり多いところですよね。

大きな事件にならなくて本当によかったと思います。

ちなみに、新宿区歌舞伎町のアパホテルはこちら。

そして、高橋康一容疑者の顔画像ですが、現在はまだ公表されていないようです。

一般人ということが関係しているのかもしれませんが、公表されるまでに時間はかかるかもしれませんね。

他ニュースや新聞などで情報を集めながら、分かり次第こちらにアップしていきたいと思います。

スポンサーリンク



高橋康一は刑務所に入りたかった!?

高橋康一容疑者ですが、事件を起こした後に交番に行き、自主したようですね。

そして、事件を起こした理由としては、

「刑務所に入りたかった」からだそうです。

今回は、被害者はいなかったようですが、これでもし被害があったらどうするつもりだったのでしょうか。

無職ということなので、様々な事情があったのかもしれませんが、人を巻き込むことは良くないことです。

もちろん事件を起こすこともですが。

そもそも、放火の罪で刑務所に入ることになるのか気になったので調べてみました。

実際に、放火の罪で刑務所に入っている人はいるようです。

刑期も3年や6年、8年などそれなりに長いようですね。

放火の罪というのは、執行猶予がつかないのでそのまま入ることになるのですね。

ですが、器物破損だと話が変わってくるようで、そのあたりは検察の人次第ということみたいです。

高橋康一容疑者は、このようなことを知って犯行に及んだのかはわかりませんが、今回の事件で被害者がいなかったこと、建物に大きな被害がなかったこと。

これらのことは本当によかったと思います。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする