小川遥資 Facebookは???異例の裁判が見送られた理由とは

今回、民進党の小川勝也参議院議員の長男である、大学生の小川遥資被告(22)の初公判が行われました。

起訴内容を認めたにも関わらず、検察側の「立証のため」という異例の理由で、次回に見送られたとのこと。

うーん、何か深い闇を感じてしまいます(笑)

今回、初公判が終わった、小川遥資被告(22)のFacebookアカウントはあるのか調べてみました。

また、冒頭陳述が異例の理由で見送られましたが、その奥に書隠されているモノとは!?

スポンサーリンク



小川遥資のFacebookアカウントは?

小川遥資被告のFacebookアカウントはあるのか調べてみました。

ですが、同姓同名のアカウントも見つけらず、「特定」をすることができませんでした。

年齢的にFacebookをやっていないというのも考えにくいので、もしかすると、違う名前でFacebookをしている可能性もあります。

また、Facebookには検索機能をオフをすることもできるので、このような事件が起きてから検索に引っかからないようにしたかもしれませんね。

スポンサーリンク



小川遥資の冒頭陳述が見送られたワケとは

今回の裁判は、かなり不可解な印象を受けましたね。

起訴内容を認めているので、その後に冒頭陳述をするのが普通みたいなのですが、異例の見送りになりました。

なぜ、このようなことが起きたのでしょうか。

報道では、検察側の「立証のため」という理由でした。

小川遥資被告は、民進党の小川勝也参議院議員の長男です。

このような父親がいると、何か裏の力があるのではないかと思ってしまいます(笑)

考えすぎだとは思うのですが、漫画とかテレビの世界ではありそうですよね。

でも、このような世界が現実世界で起こらないという確証もないって感じもあります。

私のたちの知らない世界というのは、もしかするといろいろとあるのかもしれませんね。

ですが、裁判という司法は権力というものは行使されないものですので、この平和な日本は大丈夫ですよね。

そう信じて生きていきたいと思います。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする