森弘樹逮捕!【顔画像は?】六代目山口組傘下組員が拳銃所持

2日午後、徳島市内の喫茶店で男性が拳銃で撃たれる事件があり、警察は暴力団員の男を殺人未遂の容疑で逮捕した。

スポンサーリンク



森弘樹の顔写真は

森弘樹容疑者の顔写真ですが、まだ公表されていないようでした。

発見でき次第、すぐに記事更新させていただきます!

事件についてですが、

2日午後、徳島市内の喫茶店で男性が拳銃で撃たれる事件があり、
警察は指定暴力団・六代目山口組傘下組員で徳島市住吉の森弘樹容疑者(43)。を殺人未遂の容疑で逮捕しました。

警察によると、森容疑者は2日午後3時頃、徳島市沖浜東の喫茶店で56歳の男性の右太ももを拳銃で撃った殺人未遂の疑いが持たれています。
撃たれた男性の命に別条はないということで一安心。

森容疑者は車で逃走したが、警察が通報から約20分後に身柄を確保し、拳銃を押収した。

森容疑者と男性は顔見知りで以前から個人的なトラブルがあったということで、
調べに対し森容疑者は「殺すつもりで撃った」と供述しているそうなので、とても怖いですね。

拳銃を持っていることにまず驚きですよね。
この平和な日本で拳銃を手に入れることができるんですね。

現場は徳島文理大学近くで、事件直後、現場は騒然としていたそうです。

徳島文理大学はこの辺り。

森弘樹は六代目山口組傘下組員

六代目山口組というのは、いったい何なのでしょう。

六代目山口組
主たる事務所(本部)は兵庫県神戸市灘区篠原本町4-3-1である[4]。
一次団体にあたるこの本部「山口組本家」に対し、二次団体の首領は「本家」に直に繋がる組長という意味を込めて「直系組長」あるいは「直参」(じきさん)と呼ばれ、「本家」にあってはそれぞれ、「組長の弟」を意味する「舎弟」(6名)あるいは「組長の子供」を意味する「若衆(若中)」(約80名)の役職名を与えられている[26]。
日本全国に散らばるこれら直系組織は「関東・北海道」、「中部」、「大阪北」、「大阪南」、「阪神」、「中国・四国」、ならびに「九州」という7つのブロックに分かたれ、各ブロックの長は執行部から選出される[27]。
この「ブロック制」は五代目体制発足直後の1990年に全国の暴力団に先駆けて導入されたもので、当初は「大阪中」のブロックも存在していたものの、2007年にこれが廃された結果、全国7ブロックとなった[28]。
各ブロックごとに毎月「ブロック会議」と呼ばれる会合を開いており、各ブロック長は管轄地域の直系組長と執行部との伝達役のような役割を担っている[29]。

Wikipediaより引用

山口組ってとても長い歴史があるんですね。

スポンサーリンク



まとめ

拳銃が普通にこの日本にあることに驚きですね。

それと同時に恐怖も覚えます。

打たれた人も命に別条がなくてよかったです。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする