三井一政 顔画像を入手!!!どこの会社役員なのかを調べてみた

北海道黒松内町で2017年7月に起こした事件で、小樽市の会社役員、三井一政被告(73)に懲役7年の判決が言い渡されました。

「被害弁償をしている」として、懲役10年の求刑に対し、懲役7年になったようですね。

今回判決が言い渡された、三井一政被告の顔画像を入手することに成功したので公開します。

また、小樽市の会社役員とのことなので、どこの会社なのかを調べてみました。

スポンサーリンク



三井一政の顔画像を公開

今回、三井一政被告の顔画像の入手に成功したので公開したいと思います。

こちらです。

現在73歳ということなので、これから7年間懲役されるので、出てこれるのは80歳ということでしょうか。

正直に言ってしまうと、かなりの年齢になってしまうのですね。

判決に対して、上告などをしないのかというのも気になるところではあります。

なので、今後も他のニュースや新聞などで情報を集めていきたいと思います。

分かり次第こちらにアップしていきますね。

スポンサーリンク



三井一政はどこの会社役員?

三井一政被告は、小樽市の会社役員とのことでした。

どこの会社役員なのか気になったので調べてみたのですが、有力な情報は得られませんでした。

ただ、裁判の中で、「被害者が、被告の会社のダンボールを玄関に投げるなどしたことに被告が激高した」とあります。

確かに自分の会社のものを投げられたりしたら、イラッとくるかもしれませんが、激昂とあります。

それくらい会社に愛着を持っているということは、自分の会社の可能性も高いですね。

こちらについては今後も調べていき、情報が見つかり次第こちらに追記していきたいと思います。

今回は、「被害弁償をしている」とのことでした。

そのことからも、反省はしていることが考えられます。

人は、カッとなると自分を制御することができないことが多いですよね。

カッとしてしまっても、人には迷惑をかけない。

それが円満な人間関係を築いていくために必要不可欠なことなのではないかとおもいました。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする